窓ガラスフィルムのご相談はこちら→防犯フィルムのセプロ横浜

 
 
 
防犯フィルム施工前 防犯フィルム施工後 防犯フィルム施工後

2006年05月10日

透明断熱フィルム

DSC01031.JPG

某施設の中庭に面した3×3mぐらいの非常に大きな窓ガラスです。

今回使用したフィルムは、ほぼ透明でありながら断熱、UVカット等の
特徴を持った高機能フィルム「HC-80」です。詳細はこちら
今度こちらに飾られるという高価な絵画を、熱と紫外線による痛みから守る
という目的でのフィルム施工でした。

非常に大きなガラスなのでフィルムの幅が足りません。
実は継ぎ目があるのですが綺麗に施工してやればほとんど分かりません。

スモークやミラーフィルムほど効果は高くないものの、色を着けずに
強い西日を調整したり、省エネ目的にお勧めのフィルムです。

※どの種類のフィルムでもUV(紫外線)は99%以上カットできます。
posted by sns at 11:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

ニンテンドーDS 液晶保護フィルム

ちょっと関係ないお話ですが・・・。
最近、携帯ゲーム機のニンテンドーDSが大人気のようですね。
品薄でなかなか手に入らないという話を聞きます。

スクリーンガード(液晶保護フィルム)がうまく貼れないので貼ってほしい
と頼まれました。これも売り切れ続出なんだとか。

この手のフィルムは素材がシリコン樹脂の自己吸着タイプなのですが、
水を使って貼ることができないので、ホコリ等が非常に入り易いです。
ほとんどの方は気付かないと思いますが、うまく貼ったつもりでも
微細なホコリは絶対と言っていいほど入っています。
完璧に貼りたい方はけっこう苦戦されているのではないでしょうか。

で、できるだけうまく貼るコツは、

・空気の循環を防ぐため、エアコンは止めドア・窓の開け閉めはしない。
・加湿器や湯沸しで室内の湿度を上げる。(その近くで貼るぐらい)
・衣類や手を霧吹きで濡らしてやって、半乾きぐらいで貼る。
・横方向ではなく、斜め方向に曲げて少しずつ空気が入っていない事を
 確かめながら。(もし空気が入ってしまったら一度戻って逃がす)

ちなみに、この手の物はほとんどゴミが付いたり指紋が付いても一度洗って
乾かせばもう一度貼ることができます。乾かしている間にホコリが付く可能性の
方が高いので一発で貼るのがベストではありますが、もう一度貼る場合は
洗って水を切った後すぐに、吸着面の水滴を丸めたティッシュの先などで、
乾いた面には振れないように吸い上げてやればすぐ貼れます。

湿気のある状態の浴室にて裸で貼るというのも有効です(笑)。
posted by sns at 12:21| Comment(2) | TrackBack(2) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくある危険なパターン

なかなかマメに書けないです・・・。

画像の窓は都内等で良くあるパターンですが、危ないです。
ここで何かされていても、周りからはほとんど気付かれません。
このような環境で何の対策もされていない所が真っ先に狙われてしまいます。

DSC01009.JPG
posted by sns at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

割られた窓ガラス

050112.jpg

この割れたガラスは実際に泥棒に侵入された際に破られた物です。
このように被害に遭われてしまい、ガラスを入れ替えた直後にご依頼される事も良くあります。皆さん「うちにはたいした物なんてないのに・・・」とおっしゃいますが、泥棒の目は違います。学生のワンルームマンションですら狙われています。
そして、一度入られてしまうと長期にわたり恐怖感が消えないそうです。防犯フィルムに限らず、被害に遭われる前に簡単なことでも良いので、何かしらの対策を施しておくことをお勧めします。※HPにも書いてありますが、ホームセンター等で販売されているカット売りのフィルムは絶対にNGです。粘着強度も弱いですし、もし破壊を試みた場合、貼った部分だけが綺麗に打ち抜かれてしまいます。これは動画でも配信されていますのでこちらのリンク先をご覧下さい。
posted by sns at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

防犯住宅Vol.3

防犯住宅 (Vol.3)

セプロの防犯フィルム他が書籍で紹介されています。
プロの目から見た防犯のポイント、窓ガラスからの侵入が急増してきている事、
戸建住宅と集合住宅の防犯ポイントの違い等が詳しく解説されています。
posted by sns at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

目隠しフィルム施工

本日は防犯フィルムの他に装飾フィルムを施工してきましたのでご紹介します。これは、某企業様の休憩室(喫煙所)なのですが、向かいにマンションがあり、休憩中にマンションの方と目が合ってしまい、お互い特に見ているつもりはなくても気になってしまうので・・・。というお話でした。確かにこういう些細な事が大きなトラブルになってしまったりもしますよね。ビル内の休憩室とはいえ、せっかくの大きな窓をまったく見えなくしてしまうのはもったいないので、このような感じにしてみました。セプロの装飾フィルムには飛散防止効果もあるので地震の時も安心です。

DSC01000.JPG

装飾フィルム→http://www.seproyokohama.com/soushoku.html
posted by sns at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

輸入住宅のガラス防犯

輸入住宅の履き出し窓に防犯フィルム施工してきました。輸入住宅には良く木製のサッシが使われています。これはとても味がありいい感じなのですが、デザインが崩れる事を嫌うため、まず雨戸やシャッターという物が使われていません。
そのような理由から多くのご依頼をいただいています。お伺いしたお宅は高台にあり、窓から見える景色がとても美しく、ガラスの美観を損ねないようにいつもより気を使いました。結果、お客様から「貼る前との違いが分からない。」とのお言葉をいただけたので安心しました。雨戸やシャッターに関してですが、一部の防犯仕様のもの以外はちょっとした道具で簡単に開けられてしまいます。昼間に閉めていると「留守です」と言っている事にもなります。やはり、ガラス防犯の強化がおすすめです。

アイホン カラーテレビドアホン1:1型 KT-55

アイホン カラーテレビドアホン KT-55
posted by sns at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

マンションのルーフバルコニー

先日、市内の新築マンションにお住まいのお客様宅で施工してきました。
角部屋でルーフバルコニーがあるのですが、お隣りの同じタイプの部屋のルーフ
バルコニー面から空き巣がガラス破りで侵入、被害にあわれたそうです。
このパターンは非常に多くありますし、連続して次々に狙われることも少なく
ありません。最近のマンションの玄関カギは良い物が使われていてピッキングは
簡単ではありませんが、ガラスに関しては未だ無防備な所がほとんどです。
特にルーフバルコニーには廊下や屋上、階段の踊り場等から簡単に入れる作りが多く危険です。
仕上がりにはご満足いただけたようで良かったです。

URO電子工業 ICカード ドアロックシステム UROLOCK

ICカード ドアロックシステム UROLOCK
posted by sns at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プライバシー保護の重要性

現場ブログなるものを開設してはみましたが、「防犯」という性質上、お客様のプライバシーに関する記述には細心の注意を払わなければならず、書けるネタが少ないです。有名人の方のお話とかいろいろあるんですけどね・・・。でも防犯を本気でお考えの方にとって為になるような事をがんばって書いていきます。
セプロ横浜トラストワン http://www.seproyokohama.com/
posted by sns at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

防犯フィルムの施工ならセプロ横浜へ

はじめまして、フィルム施工専門セプロ横浜トラストワンの施工技師です。最近、防犯フィルムの認知度は高まってきた感がありますが、まだまだどんな物か分からないという方が多いと思います。HPではご説明しきれない事、現場で見聞きしたリアルな防犯情報等を書いていきます。
セプロ横浜トラストワン http://www.seproyokohama.com/
posted by sns at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。